島本 明太子を食す 感想を一言

 

リンクに関するお断り

うめこです。ブログへのご訪問をありがとうございます。

このブログでは、主におせち通販のご紹介をしておりますが、

商品の売り切れ

販売期間以外(1月1日~9月ごろまで)

うめこプロフィールの理由により、ご紹介した商品リンクやショップリンクが繋がらない場合があります。

あしからず、ご了承ください

 

お正月が終わり、今日はおせちではなく取り寄せグルメのお話をします。

このブログ、12月24日の記事は「厳選素材使用の「島本」辛子明太子 おせち食材とも相性がGood!」でした。

紹介しながら、ホントに美味しそう。。。食べてみたいと思いまして、通販で取り寄せてみました。

それが昨日着き、早速今日いただきました。

博多の明太子はいろいろあるのですが、「島本 明太子」は味がどうなのか、口コミをしたいと思います。

島本明太子包装

島本明太子表

博多の店舗で買ったような包装紙にくるまっていました。

主力商品「オリジナル辛子明太子」です。

裏面には、商品詳細が書かれています。

島本明太子裏

大事なところを拡大しますと、

島本明太子裏2

しっかり、北海道産すけとうだらの卵巣と明記。

これは期待が持てます。

独特の漬け方をしている様ですが、なるほど、酒ではなくて焼酎です。

臭みがなさそうですね。

箱を開けてみました。

美味しそう!

無着色なので、もう少し色が悪いかと思っていましたが、なかなかの色合いです。

島本明太子

島本オリジナル辛子明太子の味

早速いただくことにしました。

まずは素材そのもののお味ということで、そのまま切ってみます。

明太子切り口

これはこれは。。。

一粒一粒の形が分かります。

切り口がとてもきれいです。

一見明太子ではなくタラコかと見間違うような感じ。

拡大しますと、こんなですもん。

明太子拡大

ホントにしっかり漬け込んであるのでしょうね。

粒に漬けムラがありません。

口に運んで驚いたのは、非常にまろやかな味であるということでした。

タラコの素材の美味しさをいただいた後、飲み込むときに辛さが広がって心地よいです。

キンキンとした辛さではないのですが、飲み込むと後から辛さがしっかりやってきます。

その辛さを感じながら、お酒を一口。

たまりませんねぇ♪

刺激物が苦手な夫が、「明太子じゃないみたいだね。まろやかで美味しい」と申しました。

「これなら、焼いても美味しいんじゃない?」などとも言いますので、オーブントースターで焼いてみることにしました。

こんがり、ふっくらと焼けました。

タラコと違い、明太子は焼くときつくなると思っていたのであまりやらないのですが。。。

焼き明太

ホントにタラコのように焼けましたが、しっとりしています。

焼き明太

とてもおいしくいただきました。

ただ、焼くと塩分がしっかり出てくる感じだったので、焼いた方はご飯に乗せていただきました。

島本の明太子の特長

私がなぜこちら(島本の明太子)を食べてみたいと思ったのか。

理由は素材と製法にあります。

厳選素材の辛子明太子

以前は国産素材にかなりこだわっていたようですが、いかんせん漁獲高が減り、国産一筋では立ち行かなくなったようです。

そこで、原料として、アラスカ産の極上のスケソウダラのたらこを国産に加える形となりました。

現地で日本の技術者の指導の下で、獲れてから30時間以内に付け込む「日網卵」が実現

「日網卵」は、見るだけで鮮度の良さがわかるみずみずしい乳白色のスケトウダラの卵を言うそうです。

海鮮食品は「鮮度が命」なので、まずはそこを抑えているんですね。

ただし、購入した「オリジナル辛子明太子」は北海道産。

当然ながら「日網卵」として漬け込み、出来上がりもみずみずしいほんのりピンク色でした。

漬け込みの秘密

たらこの漬け込み調味料は、島本のオリジナルなので㊙

たらこの鮮度を守るために比較的短時間で漬け込み、味の本質を壊さず、素材の旨味をいっぱいのやさしい味わいの明太子となっています。

また、日本酒ではなく焼酎を用いて漬け込んでいるので、後味スッキリに仕上がっているのだそうです。

島本明太子

後味スッキリってどんな感じなのかと体験してみたかったのですが、文字通り後味スッキリでした。

臭くなく、くどくなく、飲み込むときに辛みがスーッと入って食べ終わるとフッと消えます。

無着色辛子明太子

どぎつい着色の商品が街にあふれていますが、こちらは無着色。

素材に敬意を表しての、堂々の無着色です。

無着色ってかなりベージュっぽいイメージでしたが、百聞は一見に如かず

ベージュどころか、ほんのりピンクがかった乳白色で、見るからに食欲をそそりました。

島本の明太子 まとめ

正直取り寄せ価格は高めでした。

送料がね、結構かかったんですよね。冷蔵だし。

でも、すごく美味しかった。

贈り物にも良いと思います。

明日は、ヤマトイモの細切りに混ぜてみようかな。。。またお酒が進みそうです。

島本の明太子を詳しくご覧になりたい方はこちらから↓



ひと粒に身をつくす。島本の辛子明太子