スポンサーリンク

端午の節句 ちまき

端午の節句で思いつく料理はというと、案外ピンと来るものがありません。

これが、桃の節句ですと、ちらし寿司とかてまり寿司とかハマグリのお吸い物に桜餅。

端午の節句は、もっぱら鯉のぼりや武者人形、鎧兜といった勇ましいものが主体です。

ただ一つ、伝統的なものが粽(ちまき)

粽というと、中華粽が有名です。

もともと中国の食べ物で、日本では、930年前後にはもう食べられていたようです。

中国粽は、肉を詰めたものが多いのですが、日本のものはあっさりしていて、保存食として用いられ、もち米だけで作ったお団子のようなちまきが主流でした。

いまではもう少し味が付いたものが喜ばれています。

日本の粽を一つご紹介。

笹の葉に包まれた「おこわ」のイメージです。

端午の節句なので、もち米で力をつけるといった感じでしょうか。

子供が好きそうな中身だと思います。

もちろん、中華粽のお取り寄せはたくさんあり、この米久の中華粽は大人気です。

10連休がやってきますが、レジャーにおにぎり代わりの粽、おいしいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする