盛り付け

市販のおせちの主流は、「盛り付け済み」です。

お重にきれいに盛り付けられていますと、それだけでお正月気分が出てうれしいものです。

ですが、一度に食べきれなかった場合や、来客をもてなす場合は、ほかの器に取り分けて出すと、また新鮮な感じがします。

盛り付けに使う食器は、土器や陶磁器などのお皿でもよいのですが、

お祝いの席なので、お膳、平盆、丸盆などの日本独特の漆塗りに、金などで絵柄が入ったものが一般的です。

おめでたい絵柄ですが、熨斗(のし)、瓢(ひさご・・ひょうたん)、松竹梅、四君子(蘭、竹、キク、梅)、日の出、鶴亀、鳳凰、宝尽くし、扇面・・・などが代表的です。

盛り付け盆の例を挙げてみます。

■輪島塗の丸盆・・・金箔で松の絵柄

■宮内庁御用達 山田平安堂の白檀・・・銀箔の上に漆を塗り、あめ色に輝く伝統工芸

■山中塗 梅絵柄・・・木製ではなく、フェノール樹脂にウレタン塗装なので、リーズナブル

このようなお盆を使うと、求めたおせちを数種盛り付けるだけで、お正月気分満載です

お祝いのときに使うお盆として、用意をしてみるのもよいと思います。

ちなみに我が家では、杉の黒塗平盆を、例年お正月に出しています。

お重から取り分けて盛り付けすると、一人前となるので、自分のペースで食べられ、案外良いものです。

■輪島塗の丸盆は、全国商工会連合会公式オンラインショップ産直お取り寄せニッポンセレクトが扱っています。

詳しくご覧になりたい方は、こちら
送料無料 輪島塗 丸盆 漆器 寿松沈金 沈金彫 輪島漆器 日本 伝統工芸 国産 木製 漆器盆 赤 黒 金箔 塩安漆器工房 石川県

■山田平安堂の白檀を詳しくご覧になりたい方は、こちら

【 宮内庁御用達 】 漆器 丸盆 白檀 大 (引き出物 結婚祝い 内祝いに) 25ansウエディング掲載

■山中塗の丸盆を詳しくご覧になりたい方は、こちら
〔山中塗〕 加賀春秋 やわらぎ丸盆 〔直径30cm〕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする