和洋折衷 おせち

和洋折衷という言葉をご存知かと思います。

和、洋のいいところを合わせて、日本独自のジャンルとして君臨しています。

住宅や小物その他、和洋折衷と呼ばれるものはたくさんありますが、

お料理の世界でも、和洋折衷タイプが色々あります。

それを違和感なく食べ、双方の良いところを堪能できるのですから、嬉しいジャンルです。

おせちも今のスタンダードは、和洋折衷

一の重、二の重と、形こそ重箱ですが、中身は百花繚乱。

料亭のお重なのに、ローストビーフが入っているのは、当たり前になりました。

たとえば、こちらのおせち。



おいしそうでしょう?

祇園の料亭ですが、一の重のど真ん中にはロブスター、そして、塊のローストビーフがしっかり入っています。

こちらのおせちは、京都祇園華舞の「宝の舞」というおせちです。

8.5寸(約28cm四方)三段重で、64品目(目安 6~7人前)が、所狭しと入っています。

なんと、匠本舗主催のベテラン主婦が選んだ2019おせちランキングで、

豪華なおせちランキング部門第1位でした。

和洋折衷は、見た目の豪華さが今風ですね。
【匠本舗】どんどん売れる<料亭おせち>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする